発達障害を疑われる子どもに検査を受けて欲しい場合

発達障害を疑われる子どもに検査を受けて欲しい場合

現在保育の場に増えており、保育士も対応が求められている存在があります。

それが所謂『気になる子』です。気になる子と大くくりをしていますが、更に詳細に言うと『発達障害を持つ子』です。

発達障害でも、知的な遅れを伴わないもの、知的な遅れも伴ってしまうものと二種類あります。

検査を受ければその判断はすぐにつくのですが、保護者としては我が子が発達障害を持っていると思いたくない人、そして認めない人と反応は様々ですが否定的な考えを持つ人が多いです。一度判定されても認めずに、治るかもしれないと思っている保護者もいます。

しかし残念ながら、発達障害は一生治る事がなく、付き合っていかなければいけないものです。

発達障害は適切な対応をすれば十分に改善されます。今回はそんなg発達障害を疑う子どもの保護者への対応を説明します。

相手が症状を口に出すまでは自分から言わない

保護者は子育てに常に不安を抱き、それでも一生懸命に頑張っています。

それなのに保育士に、「あなたのお子さん発達障害あるかもしれませんよ」なんて言われてしまっては、自分の子を馬鹿にされたと感じるだけではなく、一人で頑張っている育児を全否定された気になってしまいます。

そして、保育士に一切何も相談しなくなり、保護者と保育士の関係が悪くなってしまいます。

一度できた溝は埋めるのが困難なので、そうならない為にも切り出し方に気を付けてください。

保護者の方から、家での子どもの様子を愚痴る事があれば、その際に、「そういえば保育園でも…。」と切り出すと効果的です。

こう話す事で、保護者も「やっぱり保育園でもそんな事してたんだ!」という思いと、「自分の言い方が悪いのではなく、保育士に対しても同じ事をするんだ」と感じます。

そして、すかさず「子どもさんの様子をまた教えてください、保育園でも引き続き様子を見ます」と声を掛けてください。

何度も情報交換をする

一回保護者に伝えたからすぐにお医者さんに!は早計過ぎます。

子どもが一時的に荒れているだけかもしれませんし、本当にただ単にがさつな性格であるだけの可能性もあります。

何でも病気だ、発達障害だと決めつけられると保護者も不満を持つでしょう。

そこで、何度も保育園であった事、家庭であった事を報告し合います。

保護者の方から話をしてくれればそれが一番理想ですが、なかなか保護者の方からは弱みをさらけ出すような感覚で、言い渋る場合もあります。

そこで、さりげなくこちらから切り出すのですが、切り出すタイミングもしっかりと図る事が大切です。

保護者の機嫌が良く、精神的に安定している時期にさりげなく、「こないだお話していたあの事ですが、おうちではどんな様子ですか?」とあっさりした感じで切り出してください。

因みにその場合は必ず他の保護者に話を聞かれない環境を作りましょう。他の保護者にプライベートな事を聞かれるのは誰だって嫌ですよね。

医療機関や専門機関を紹介する

1歳児や2歳児であれば、定期検診があるのでその際に発達障害も見てもらえます。

しかし、その検査にぎりぎりで引っかからずに年を重ねた場合には自分で医療機関に行き検査をしてもらわなければいけません。

上記の方法で何度も保護者と情報を交換し、保護者に対してさりげなく保育士の方で実践している発達障害児の対応を、発達障害児と口に出さずに伝えて家庭でも実践する様にアドバイスしてみるのも良い方法です。

そして、ある程度情報を交換してから、保護者が就学に際しての不安を感じ始めるようになったら、病院を紹介してみてください。

発達障害の中でも、かっとなって我を忘れてしまう症状がある場合は非常に危険ですし、トラブルの元になる可能性があります。

前もって障害が分かっていれば、小学校でも対応してくれますし、薬で症状を和らげる事が出来ます。

保護者が「この子が手を他の子に上げたらどうしよう」など訴えて来たら、前述の言葉をかけて不安を和らげてあげてください。

まとめ

発達障害と我が子が言われるのを嫌うのは、どの親も同じです。

どうして他の子と同じ様に産んであげられなかったのだろうと保護者は自分を責めてしまいます。

発達障害を疑っても、すぐに口に出したり確定して扱ったりはせずに様子を見て、対応を工夫してみてください。

そして、発達障害に間違いないだろうと他の保育士と確認し合ってから、上記の様に時間をかけて保護者と信頼関係を作りながら伝えるようにしてください。

あくまで切り出し方はあっさりと、日常会話からを心掛けてください。